防犯プレス

火山情報

火山情報

事件種別・発生場所等

LINEで送る
Pocket

2020年06月08日21時35分 発表
<火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)が継続>  桜島では、本日(8日)の現地調査で、4日02時59分の南岳山頂火口で発生した爆発によるとみられる大きな噴石を、火口の南南西約3kmの地点で確認しました。現在のところ、噴火活動がさらに活発化する兆候は認められません。
【火山活動の状況】  本日(8日)の鹿児島市東桜島町で実施した現地調査で、4日02時59分の爆発によるとみられる大きな噴石を、火口より南南西約3kmの地点で確認しました。噴石による落下痕は直径約6m、深さ約2mでした。
 5日以降、島内に設置している傾斜計及び伸縮計では山体の隆起・膨張と考えられる変化は見られておらず、現在のところ、噴火活動がさらに活発化する兆候は認められません。
 本日の現地調査の結果は、火山活動解説資料でお知らせする予定です。
【防災上の警戒事項等】  南岳山頂火口及び昭和火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。  風下側では、火山灰だけでなく小さな噴石が遠方まで風に流されて降るため注意してください。  爆発に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。なお、今後の降灰状況次第では、降雨時に土石流が発生する可能性がありますので留意してください。

詳細な情報は次をご覧下さい。 miyazaki-pref.site.ktaiwork.jp/
登録内容の変更・配信解除は次のリンク先にアクセスしてください。 raiden2.ktaiwork.jp/register2/update?aid=877&uid=15ce0ff5dedb5a2f43081eefb27eddef9e271e99
【宮崎県危機管理課】

情報リソース

この記事は所轄警察署等の情報を参照元としています。

「防犯PRESS」は都道府県の警察者や公的機関が配信する防犯情報のまとめサイトです。「防犯情報をどこよりも早く」をコンセプトとしているため、一部の情報については、参照元である警察書などの情報を、そのまま掲載しております。参照元については以下よりご確認ください。

参照元一覧

前の記事へ

«

次の記事へ

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE
PAGE TOP