防犯プレス

2月は家畜防疫強化月間です

2月は家畜防疫強化月間です

事件種別・発生場所等

LINEで送る
Pocket

宮崎県では、2000年(平成12年)に本県で口蹄疫が発生したのを契機に、1年で最も寒冷で家畜の伝染性疾病も流行しやすい時期である2月を「家畜防疫強化月間」と定めています。
 県内では、今年度これまでに高病原性鳥インフルエンザが9事例確認されています。1月に入り農場での発生はみられませんが、野鳥から相次いでウイルスが検出されるなど、発生リスクは極めて高い状況が続いています。  養鶏農家の皆様におかれましては、現在、知事による消毒命令が発令されていることから、鶏舎周囲及び農場境界部への石灰散布など防疫対策の徹底をお願いします。  国内では、平成30年9月以降、養豚施設及び野生イノシシにおける豚熱の発生が相次いで認められ、その発生エリアは拡大傾向にあることから、豚熱についても最大限の警戒が必要な状況です。  また、海外では、韓国におけるアフリカ豚熱の発生エリアが大きく拡大しているほか、東アジア諸国で口蹄疫の発生も継続してみられる状況です。
 これらの家畜伝染病を発生させないためにも、農家の皆様方には、改めて、日頃の農場防疫体制を再確認していただき、 ①畜舎周囲の整理整頓や畜舎の破損箇所の修繕等の野生動物対策 ②衛生管理区域に立ち入る人や車両の消毒の徹底 ③衛生管理区域専用の衣服や靴の使用 ④立入り記録の管理 など、飼養衛生管理基準の遵守の徹底による農場防疫の強化及び継続的な取組みをお願いいたします。
 伝染病から家畜の命を守るのはあなた自身です。周りの方にも呼びかけ、日本一安全・安心な畜産県を目指しましょう。
 【問い合せ先 宮崎県家畜防疫対策課 0985-26-7139】   ※皆様の周りの防災メール未加入の方へ加入を呼びかけましょう。    登録手順 www.pref.miyazaki.lg.jp/kiki-kikikanri/kurashi/bosai/manual.html
登録内容の変更・配信解除は次のリンク先にアクセスしてください。 raiden2.ktaiwork.jp/register2/update?aid=877&uid=15ce0ff5dedb5a2f43081eefb27eddef9e271e99

情報リソース

この記事は所轄警察署等の情報を参照元としています。

「防犯PRESS」は都道府県の警察者や公的機関が配信する防犯情報のまとめサイトです。「防犯情報をどこよりも早く」をコンセプトとしているため、一部の情報については、参照元である警察書などの情報を、そのまま掲載しております。参照元については以下よりご確認ください。

参照元一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SHARE
PAGE TOP